--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.02.05

穴本感想

anhon1.jpg


ζ(゚ー゚*ζ あな素晴らしや、生きた本 のようです


感想スレにも書きましたが、かなりの勢いでハマりました。
いやー、いい作品あるんですねぇ。
特に追ってなかったので、読んだのはつい最近です。

デレとニュッくんとブーンとツンとショボンとビコーズ先生とクックルとキュートとモララーとしぃとでぃと……
なんかもう皆好きです。
ほとんど全部のAA出してんじゃねってぐらいキャラクターは多かったですが、
その中でデレやニュッくんがレギュラー張ってるのは中々珍しく新鮮でした。

全部のキャラが生き生きして、この作品そのものが生きた本という伏線じゃないだろうなと
勘ぐったほどです。

作中で特に凄いなぁと思ったのはAAの使い方でしょうか。
ミステリ小説のヒールの使い方はあぁなるほどと思いました。
さくさく読めて読後感もよく、非常に楽しかったですね。

おかげでまたブーン系熱がふつふつと復活してきました。
作者さんには感謝してもしたりません。いや、ほんと。


以下、穴本絵詰め合わせ


 

擬人化と一部改変有り(漫画はちょっと状況が変わってるかもしれません)



「あな悲しや、私小説」 ブーンとツン

anhon2.jpg

anhon3.jpg


ニュッくんに制服着せてみた

anhon4.jpg


「あな悲しや、私小説」 ショボンからニュッくんへ

anhon5.jpg


「あな可笑しや、時代小説」 ミルナ

anhon6_20120205173828.jpg


最終話後のクックルとキュート

anhon7.jpg


ショボンさんに質問

anhon8.jpg


ハローとしぃ&でぃ

anhon9.jpg


モララー詰め

anhon10.jpg



ぶっちゃけ全キャラ書きたかったけど、さすだに時間が足りなかった。
キャラが生きてると絵にしても非常に動かしやすいですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。